築25年の家のリフォーム

●設計事例の所在地: 
国分寺市
●面積(坪): 
30坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

築25年木造の家。1階全体を一旦スケルトン状態にして、リノベーションしました。無垢の木や体に優しく環境にも負荷の少ない塗料や断熱材を使いました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

食卓やリビングからキッチンが丸見えなのを改善したい。床が底冷えする。古い家なので耐震性がないのが心配。自転車や犬のケージを置ける土間がほしい。安全な素材でリフォームしたい。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

キッチンのレイアウトを工夫してリビングから流しが見えないよう工夫しました。耐震性を確保するために壁に筋交い等の補強を可能な範囲で入れ、腐っている土台等の入れ替えをしました。底冷えしないよう、温水式の床暖房に。狭い玄関には置けなかった自転車やケージを置ける広めの土間をレイアウトしました。

その他の画像: 

木やタイルを使ったオーダーメイドのキッチンです。大きな出窓に面しているので、とても明るいキッチンに。

リビングから見ると、丸見えだったキッチンは程よい高さのカウンターで区切っています。

掃き出し窓をベンチ付きの出窓に。ベンチの前にダイニングテーブルを置いて食卓にします。明るい窓辺で本を読んだり、裁縫をしたり、食事だけでないコーナーに。

狭い玄関には置けなかった自転車や犬のケージを置ける、土間スペース。雨で濡れた傘やレインコートなどを干したりと、何かと便利です。リビングとつなげて、風通しよく。

リフォーム前のキッチンです。リビングから丸見えの状態がお悩みでした。

一旦、床壁天井を取り払い、スケルトンの状態からスタートしました。こうすると、傷んでいる柱や土台を交換したり、効果的に筋交いを入れたりすることができます。

底冷えする床には、温水式の床暖房。エアコンとは違って空気を汚さないのが長所です。ゆっくり温まり、スイッチ・オフしても暖かさが続く蓄熱式とすぐにあったまるパネル式があり、生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

設計者

ユーザー レインファーム一級建築士事務所 伊藤 有吉子 の写真
オフライン
Last seen: 6ヶ月 1週 前
登録日: 2015-04-14 11:50

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言