再建築不可物件の資産価値が激増!再建築不可の土地に新築する方法

再建築不可の土地に家を建てる方法

■再建築不可の土地の資産価値を増やすには?

 
再建築不可の土地は建物を再建築することができないため、資産価値は低いです。
そのため、銀行からの融資を受けることもできず、売ることも難しいです。
しかし、建物を新築することができれば再建築不可の土地の資産価値を増やすことができます。
このページでは合法的に建物を再建築可能にして再建築不可の土地の資産価値を増やす方法をお伝えします。
 

■このノウハウを読んで欲しい方

 
再建築不可の土地を持っている方
再建築不可の土地に住んでいる方
再建築不可の土地を購入しようとしている方
再建築不可の土地を売ろうとしている方
 

■再建築不可の土地に家を建てる手順

 
再建築不可といっても今の状態だと再建築できないと言うだけで、再建築不可になった理由をよく調べ、その原因を改善することで家を建てることが可能になる場合があります。
 

1、再建築不可になった理由を調べる

 
まずは再建築不可になった理由を管轄している役所の建築指導課などに言って調べます。
一般の方が言っても詳しいことはわからないと思いますので、できれば当サイトの建築士に依頼して一緒に行ってもらうことをオススメします。
 
一般的には、道路の問題によるものが多いようです。
 
建築基準法 第43条に下記のように書かれています。
「第四十三条  建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。第四十四条第一項を除き、以下同じ。)に二メートル以上接しなければならない。」(後略)
なので次のような場合などに再建築をすることができなくなってしまいます。
  
 

再建築不可

・敷地の接している道路が建築基準法上の道路として認められていない

再建築不可

・道路には接しているが、接している部分が2m以下である。(旗竿敷地)

2、再建築不可になった理由を解消する

 
・敷地の接している道路が建築基準法上の道路として認められていない場合は建物を建てることができません。
そのような場合はその道路の位置指定申請をすることで建築基準法上の道路として認められる場合があります。
道路として位置指定してもらうためには基準をクリアする必要があります。
  
・道路に接している部分が2m以下の場合は、隣地から土地を購入して2m以上にするなどの方法があります。
できるかどうかは隣地の所有者との交渉次第になります。
 

再建築不可になった理由を解消すれば堂々と新しい家を建てることができます。
また土地も再建築不可のままの場合に比べて高く売れることになります。
再建築不可の土地に住んでいる方、再建築不可の土地を持っている方はぜひ試してみてください。
 

再建築不可の土地に家を建てたいあなたへ

 
再建築不可の土地に家を建てたいので専門家に協力してほしいという方は当サイトの建築家に仕事を依頼することができます。
ぜひ、下記の建築家依頼サービスに詳しい内容を投稿してください。
当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区