HouseH

●設計事例の所在地: 
神奈川県横浜市
●面積(坪): 
40.82坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

和室から庭への眺め
低く抑えた天井、明るさを抑えた和室から眺めると、すのこ天井からの柔らかい光と外の緑が強調される

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

4畳半〜小さな丘
夫婦、幼い子供2人、犬、猫が暮らす住宅です。
敷地は北側に傾斜した段丘状の宅地造成地の一画で、
緑豊かな環境の中にあります。
既存敷地の高低差は駐車場の天井高を確保するには不十分であったため、
敷地北側の地盤面を上げ、
緩やかな傾斜で南側の既存地盤面へとつなぐ
小さな丘のような空間を計画しました。
日常生活の中で庭で遊ぶことも想定されたため、
内部から自然なかたちで庭へアプローチできるように
LDKには小上がり程度の段差を連続させ、
庭から玄関までは緩やかな芝生の傾斜でつなぎました。
間取りは伝統的な四畳半を用いて、
様々な機能に対応できる間取りとしました。
均質な四畳半のみでできた間取りですが、
広々としたキッチン、コンパクトなダイニング・寝室など、
機能を与えられることで、多様性のある間取りとなります。
また、様々な天井高さを計画することで、
開放感と落ち着きのある空間を作り、
LDKからも屋上へと繋がる吹抜けを計画することで、
庭から屋上まで一体的につながり、
豊かな周辺環境と共に暮らす住宅となっています。

その他の画像: 

LDK 午前中には 2 階窓からの光が光天井や吹抜を通して差し込んでくる

光天井 2×4 材を 100mm ピッチで並べ、上にすりガラス調のポリカーボネート板を載せることで 2 階窓の存在を抽象化している

キッチンから庭を眺める

引戸でサンルームを仕切る 2重のポリカーボネート板は視線を制御しつつ、風景をほのかに映し出す

サンルーム
ポリカーボネートを入れた框引戸で仕切ると完全な外部としても使える

サンルーム 機能のない部屋 ライフスタイルの変化に応じて、使い方が変化する
住まい始めは子供の遊び場となっている

南側外観 向かいの歩道から 周囲は緑豊かな歩道と街路樹が続いている

北側道路から 明るい街並みになるように外壁は白とした
基壇はRC造のビルトインガレージと玄関

外壁は檜板張り、上部は下見板張り、下部は縦張りに使い分け、立面的に屋根と壁が分節された表現とした 主屋の屋根は 7.5 寸勾配 下屋は 2.5 寸勾配

設計者

ユーザー 岸本吉正設計事務所 岸本吉正 の写真
オフライン
Last seen: 1日 11時間 前
登録日: 2024-02-21 16:39

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言