デザイナーズアパートGiovanniⅠ,Ⅱ

●設計事例の所在地: 
仙台市太白区
●面積(坪): 
210.6㎡(63.7坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

 古くなったアパート2棟の建替え・新築プロジェクトです。
 共同住宅となると建築基準法の共用部のスペースが必要となるので、敷地の有効活用の観点も踏まえ長屋扱いの1LDKメゾネット形式でご提案しました。
 事業性を検討し、なるべく多く戸数を確保するため、住宅の間口をぐっと絞りながらも、プランとデザインを工夫し魅力ある建物となるよう設計しました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

 以前、弊社で設計監理したデザイナーズアパートの設計者を調べて頂き、ご依頼頂きました。
敷地の有効活用やコストの面で、メーカーの商品では納まらなかったところ、一品製作でオリジナルなものを設計する弊社の特徴が生きて、建築主様に喜んで頂いて、こちらも大変嬉しく思います。

その他の画像: 

 建蔽率、容積率を目いっぱいとれるよう面積調整した2階跳ね出し部分を玄関アルコーブとしました。
 袖壁を出したことにより、パーソナルエントランス感を演出し、玄関ワンちゃんのリードや自転車を固定できるフックもご用意しました。
 また、玄関ドアにはスマートキー認証式ドアロックも設置して、2重ロックとしています。

 容積率調整もあり、ファサードに切り込みを入れて、その部分には上下配光のスポットライトを設置して周囲からひときわ目立つ夜景となりました。
 また、各戸1台分用意した駐車場も玉砂利とタマリュウを配し、デザインしました。

 エントランスアルコーブには、郵便ポストと製作したカバー付きのインターフォンを設置しています。

 周囲の環境と室面積、動線を考えて、1階は洋室と洗面、浴室としました。
玄関ホールには大きな収納とちょっとしたものを置けるカウンターを設けました。

 1階の洋室は落ち着いた雰囲気にでクロスを上下で貼り分けしました。
洗面、浴室を窓側に設けて、とても明るくて気持ちいいスペースに仕上げました。

 ユニットバスは一面アクセントパネル、高級シャワーヘッドを採用しました。

 2階フロア全体を使いLDKとしました。両面に窓があるので、明るくて風通しが良く気持ちいい空間です。キッチンは1,500mmのシステムキッチン。
 階段の上部空間も利用して可能な限り収納も作りました。

 2階のLDKは10.3帖大。奥行きがあるので、空間をダイニングスペースとリビングスペースに分けて、家具配置もしやすいと思います。

 日当たりや見晴らしがよい2階バルコニーは、約2.3m×1.3mの広さでプライペート感のある空間としました。テーブルを出して食事するなど積極的に使いたくなる場所です。
 スチールで製作した3段手摺はグラデーションをかけた3色で塗装しています。

設計者

ユーザー 株式会社テコデザイン 小野徹哉 の写真
オフライン
Last seen: 1日 5時間 前
登録日: 2012-07-24 10:27

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言