KOTT 小さな木造アパート

●設計事例の所在地: 
東京都江戸川区
●面積(坪): 
119㎡
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

外壁には、不燃の天然木を採用しました。古くなるにつれ味わいの増す建築になっています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

周辺には、極端にアパートが密集しているので、デザイン、空間により差別化を図り魅力的な建築にする必要がありました。家賃も周辺単価の1.5倍程度に設定しました。また、南側隣地には、4階建てマンションがあり、1階に陽光の取りにくい住戸ができるためその対策が必要でした。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

バサロ計画が設計し、経営する木造賃貸共同住宅「KOTT」です。
敷地は狭く、住宅が密集した中にあり、その中でいかに快適な住空間を作るかが課題となりました。プライバシーの守られた大きいテラスやバルコニーをつくることにより、陽光や風、緑などの自然と触れ合える空間を設けました。そして内部空間と大きな窓で繋げることで、物理的な広さに勝る広がりを感じる空間としました。また、視線の抜ける部分を作ることで、閉塞感のないくつろげる空間としています。さらに床に段差を設けることによって、心地よい場所ができ、ロフトを作るスペースが生まれ、厳しい法規制の中で、変化に富んだ空間を作り上げました。
※「KOTT」は、アイヌ語で窪みのことです。この建物の特徴である居間の窪みを表しています。

その他の画像: 

大きなサッシにより大きなバルコニーと居間が一体となります。また、バルコニーは、外壁と高めの半透明のガラス手摺によりプライバシーが保たれた屋外の居間として機能します。

奥の段差とロフトにより変化に富んだ空間を生み出しています。正面の小さな窓は、浴室の窓で浴室も部屋の一部としています。

キッチン、冷蔵庫、洗濯機置場、クローゼットをコアとしてワンルームを緩やかに仕切ります。キッチントップの可動延長台を設けて小さなキッチンでも調理をし易くしています。

陽のあたらない住戸です。居間の窪みの延長上に中庭を設け広がりを演出するとともに陽光を採り入れています。また、間接照明により落ち着いた空間としています。

床に段差を設けて通常の階高にロフトと居間を設けています。壁の間接照明はトイレと共用です。

トイレにおいても広がりの感じられる空間とするため大胆な間接照明を設置しています。

設計者

ユーザー バサロ計画 鈴木秀雄 の写真
オフライン
Last seen: 1日 10時間 前
登録日: 2019-10-19 16:06

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言