銀座小十

●設計事例の所在地: 
東京都中央区銀座
●面積(坪): 
45坪
●建物の種類(大分類): 
商業施設
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

「銀座小十」
日本を代表する和食調理人、奥田透氏のヘッドショップ。
7年連続ミシュラン三ツ星獲得という偉業を達成。
テーマは、「数寄屋でありながら、古いしきたりに縛られない空間」
数寄屋造りを否定してはいないが、「現代の日本、特に東京においては、江戸時代の数寄屋はストイックすぎるのではないか」との提案をさせていただいたところ、奥田氏にも共感いただき、伝統を継承しつつ、現代日本の生活パターンに反しない、東京における数寄屋造りを試みました。
「千利休が今今生にいたならば、どう表現しただろう」それが始まりでした。
伝統を守りながらも最小限不都合を排除し、ヴィジュアルをデフォルメせず、ディティール等の工夫により、グローバルに対応できる空間とシステムを構築しました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

大将奥田氏は、常にサイズにこだわります。
サイズというのは・・・
大将とお客様の距離。対象とお客様の目線の高さ&角度。お客様とホールスタッフの距離(椅子後部の広さなど)包丁を引くときのカウンターの高さ。
そして、私と奥田氏とのサイズ(距離)。
これらが1mm狂えば、1週間後には台無しになる。
それが分かっているから、サイズにはシビアです。
おかげで私は、奥田氏のサイズを知る唯一の設計者となることができました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

長いお付き合いになりますが、私の諦めない姿勢を買ってくださっているとのことです。
そういえば「できない」と言ったことがない気がします。
私ひとりではできなくても、クライアントと常に共に考えれば、必ず解決する思っています。
そんな想いを共有していただいたのだと思います。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

2010年夏からプランニングをしていました。10年末には、ほぼまとまっていました。
ところが、11年年頭、奥田氏は一流和食店をプロデュースすることになりました。そして私が8ヶ月掛けて練り上げたプランを使いたいというのです。
それはそれでかまわないのですが、来年改装の「新装銀座小十」のプランはどうするのかと、私はとまどいました。
そんな私に奥田氏は「いや、これ以上のものを考えてくれればいいだけのことじゃないですか。」と言うのです。
そして私は奮起させてもらうことができ、最高の設計をさせていただくことができました。
私のモチベーションを高めるすべを知っている唯一の人のようです。

依頼者の声: 

「杉山さんは、私のすべてがわかっている。」
そう言われること以上の喜びはありません。
おかげで「OKUDA Paris」も設計させていただきました。
毎回9割がた任せていただけているというのは、プレッシャーではありますが、設計者冥利に尽きます。
1.クライアントを知る
2.消費者を知る
3.同業者を意識しない
このあたりに感銘いただいたようです。

その他の画像: 

カウンター席
木曽桧一枚板無節。価格は言えませんが、もう二度と手に入らないかもしれないほどの逸品。
カウンターの高さに、クライアントの接客のこだわりが見えます。
天井は、駆け込み&光天井。

玄関
ビルインの限られたスペースの中で、必要とされたのは空間の繋がり。
欄間のバランス、ガラスの使い分けにより、解消できました。

つくばい。
つくばいから漏れた水は、奥の水庭を潤してゆく。
機能(目的)と伝統(素材と色とディティール)を守り、伝統と現実を調和させた作品です。

小上がり和室の入り口
直線的に部屋に入るのでは、期待感を増幅することができない。
それは、入室後の顧客満足度に繋がる。
(室内が完成されていることが前提)
で、手摺欄干を設けることにより余分な2アクションを起こさせることで、期待感を高めさせる という狙い。
手摺の梅抜き模様は、それを避けて通ることが当然なことと思わせるマジック。

和室個室
掘りごたつ式であること以外は一般的に見えるが、実はあらゆる工夫が施してある。
数寄屋ではあるが、伝統に反しない範囲でアレンジを施している。
ハーフ龕割床+蹴込床は、狭い空間の中で、やり過ぎにならないための工夫。
人工照明を意識させたくないなかで全体照度を保つには、光天井が効果的。

テーブル席2
洋室・・・ではなくて、椅子テーブルの部屋。
洋館をイメージすることで、数寄屋の時代背景とマッチさせている。
花台は室床だったり、換気口のカバーは梅模様だったり、伝統の手法を用いている。

化粧室1
木瓜模様に彫り込んだ御影石と松と竹で構成した洗面カウンター。

化粧室2
猪ノ目模様に彫り込んだ御影石のカウンター。

テーブル席1からの水庭の眺め。

設計者

ユーザー 杉山デザイン室一級建築士事務所 杉山 登忠之 の写真
オフライン
Last seen: 2ヶ月 4日 前
登録日: 2012-08-01 23:19

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言