H邸

●設計事例の所在地: 
石川県金沢市
●面積(坪): 
51.6坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

H邸は省電力制御装置の企画、調査設計施工の会社をされている社長様の住宅です。木造で高気密高断熱の家を設計しました。断熱パネルは、炭化コルクとノンフロンウレタンをパネルにしたものを使っています。写真はそのパネルを床に取付けた写真です。H邸の詳細は、http://www.shcc.co.jp/syoene.html に詳しく紹介しています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

H邸のお客様は、省電力制御装置の企画、調査設計施工をしておられるので、ご自宅はお客様が思い描く省エネルギー住宅を実現したいという想いがあり、『現代の便利な生活を変える事なく、地球環境にも配慮し、尚かつ日々のランニングコストを押さえたい』という希望でした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

以前より面識があり、共に研究し合える立場にあったからです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

冒頭の写真の、炭化コルク断熱パネルを使用した木造高気密高断熱住宅で設計し、屋根には太陽光発電パネルを設置し、太陽光を利用した暖房装置のソーラーウォールを設置し、雨水をトイレの洗浄水に利用したり、照明器具、電化製品、コンセントを電気制御しました。

依頼者の声: 

家を建てられる前は、16.6坪で暖房の灯油料金が考えない光熱費(電気+ガス)が7月で13000円、1月で20000円でした。新築された家では、灯油料金がない状況で、床面積が3倍以上でありますが、7月の光熱費が6000円、1月の光熱費が20000円でした。7月では54%光熱費が下がり、1月では、床面積が3倍以上になったにもかかわらず、光熱費は同じで、実質、マンションではこの他に灯油料金がかかっていたので、確実に低くなりました。

その他の画像: 

2008年1月18日に、北陸中日新聞に掲載された記事です。

太陽光を利用した暖房装置のソーラーウォールが壁の左側に設置されています。

ソーラーウォームのシステム図です。

地中に埋めた、雨水タンクです。

設計者

ユーザー イデア建築デザイン事務所 吉村正一郎 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 2週 前
登録日: 2012-07-24 10:13

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言